お茶コラム:夏にお茶の甘みをあじわう

日本茶鑑定士・日本茶インストラクターによるお茶コラム。
今回は「夏にお茶の甘みをあじわう」。

お問い合わせはフリーダイヤル0120-177-515まで。

お電話・FAXでもご注文頂けます。
お気軽にお問い合わせ下さいませ。

夏にお茶の甘みをあじわう

掲載日:2010年06月08日

お茶を飲むとき
このお茶は甘みがある とか
ないとか表現すると思います。

緑茶の甘み成分は"テアニン"
という成分

お茶特有のものです。


『人の心を癒し、リラックスさせる効果がある』
ことも証明されているんです。

今年の夏は一度この『お茶のもつ甘み』を
体験してほしいと思います。


お子さんと一緒になんていうのもいいですね。
この体験は水出しがお勧めなんです。


そこで

テアニン(お茶の甘み)体験レシピをご紹介します。


teanin.jpg

①湯ざましにおゆを100cc用意する
 (お湯の量は少なく)

②お茶を急須に8g程入れる。
(ガラスポットがあればそのほうがいいです)

③茶の上に氷を敷き詰める。

④湯ざましに入れたお湯を注ぎ3分~5分おく。

⑤くるくるっと急須を数回横振りしたらできあがり。

⑥じっくりと心やすらかに飲む。
 (ごくごくと飲むお茶ではないので、あしからず。)

どうでしょうか?


さてここで使用するお茶
いちばんいいのは玉露です。


ただし、高価なので近くのお茶屋
さんで、少量購入がお勧めです。

もらいものの高級煎茶があったら
それでもOKです。


当店でお勧めできるとしたら、


今年から少量販売されるようになった
まだ珍しい品種のお茶。
薩摩はるもえぎ(煎茶)が
一番適しています。

茶葉を匂ってもいい香り。
それも今はやりの花っぽい香りではなく
お茶が本来持っている甘い香りです。


どうそ、お茶のテアニン経験を
やってみては。


店長からの夏のお勧めです!


山科茶舗によるお茶コラム