お茶コラム:口切りの儀

日本茶鑑定士・日本茶インストラクターによるお茶コラム。
今回は「口切りの儀」。

お問い合わせはフリーダイヤル0120-177-515まで。

お電話・FAXでもご注文頂けます。
お気軽にお問い合わせ下さいませ。

口切りの儀

掲載日:2011年11月02日

10月29日~30日全国茶匠の行事、茶経塾『茶匠会』が
静岡市で開催され、そのメンバーと10月30日徳川家康の
墓がある久能山東照寺に『口切りの儀』を見学に行きました。
この久能山東照寺は平成22年12月24日に国宝に認定
されていますが、家康の遺言で作られた寺で、その後日光
東照宮が建てられています。

当時の家康の力を誇示する豪華な作りに圧倒されました。
家康の巨大な墓石を山の上までどうやって運んだのか?
家康の墓.jpg
徳川家康の墓

いったい、徳川の"葵の御紋"が建築にいくつ施されているのだろう?
久能山東照宮.jpg
久能山東照宮本殿

疑問が次々にわく程のすばらしさです。

口切りの儀(行列).jpg
駿府お茶壺道中行列

口切りの儀についてちょっと説明。

家康は将軍職を息子の秀忠にゆずった後、大御所となって
静岡県の駿府城に移っていました。
家康は静岡の本山茶をとても好んでおり、春に摘まれた
茶葉は茶壺に詰められ井川お茶蔵にて保存、熟成された後
秋になると籠に乗せられ駿府城の家康のもとへ届けられました。
お茶壺道中籠.jpg
茶壺が載せられた籠
口切りの儀(壺).jpg
茶壺

そんな毎年の家康の習慣を行事にしたのが
駿府お茶壺道中行列『口切りの儀』です。
口切りの儀.jpg
口切りの儀

当時に思いを馳せ、しばし歴史の1コマに入った気分でした。
当日、久能山東照寺の宮司落合様に
『家康は日本を争いごとのない平和な国にするために教育に
力を注いでいった』などの貴重な講義を受けました。

店長筆


山科茶舗によるお茶コラム