お茶コラム:お茶のマナー2

日本茶鑑定士・日本茶インストラクターによるお茶コラム。
今回は「お茶のマナー2」。

お問い合わせはフリーダイヤル0120-177-515まで。

お電話・FAXでもご注文頂けます。
お気軽にお問い合わせ下さいませ。

お茶のマナー2

掲載日:2010年09月05日

お茶の淹れ方、飲み方ひとつで、その人の心づかいが伝わるものです。
そんなお茶のマナーについて紹介します。

1、お茶やお菓子の出し方は

  洋風の食事のマナーでは、お客様の右側から飲み物が、左側から
  料理が出されることが、原則となっています。

  ところが、和の作法では、茶菓子をのせたお盆をいったん、下座側
  に置いて、下座側から、茶菓子を出します。

  場所によっては必ず下座側に出せないこともあります。

  臨機応変にお盆をいったん置いてから、お客様の右手前にお茶、
  左手前にお菓子となるように出します。

  マナー.jpg

  お茶、お菓子を出す順序は、お客様の左右どちら側から出すかで
  異なります。先に出した物の上を通過しない『袖越し』にならない
  ように奥から順に出します。

  お盆から両手で茶托を持ち上げて、卓上に置き、片手を軽く添えて
  お勧めすると、安定感があり、美しく見えます。

  大事なことをまとめておきます。

  ①茶菓子の出す順序は決まっていない

  ②お出しする場所によっては出し方が異なる

  ③奥から袖越しにならないように出す。

  ④お茶はお客様の右側に、お菓子は左側に

2、お客様と家の物の湯呑は同じもので揃えるのがよいか

  これは、時と場合によって違います。

  冠婚葬祭や、公の行事には、それなりの茶托つきの茶碗
  (同じもの)で出された方が良いです。

  しかし、居間でくつろぐ時や行事の内容など、時と場合、
  お客様の格などによってご判断をされてください。 

3、お土産でいただいたお菓子はお客様にお出ししてよいか  

  本来、お客様にはこちらで用意していた別の茶菓子を出すのがよいです。

  和菓子.jpg

  上の写真は私の大好きな地元の和菓子屋さんのものです。

  日本ではお客様からいただいた品はではいったん床の間や
  仏壇へ置く、または別室へさげ、来客には、別に用意した
  お菓子を出していました。

  不意の来客やどうしてもいただいたお菓子を出す場合には
  一言『お持たせで、失礼ですが』とことわって出しました。

  最近では、お客様が『一緒に食べましょう』と言って渡して
  くれたりすることがあります。そういう場合や親しい間柄
  ならいただいたお菓子を出してもいいでしょう。

  


山科茶舗によるお茶コラム